小豆島にあるエンジェルロードはカップルにおすすめ こちらのホテルでぜひ

二十四の瞳の舞台となった小豆島に行きたくて、ぶらり一人旅をしてきました。泊まったのは「小豆島国際ホテル」です。ひとりでの宿泊だったために、お部屋はサングリーンというアウトバス・アウトトイレの部屋にしました。お部屋にトイレとお風呂がないだけです。それ以外は28平米もあるゆとりの広さで、窓の外には瀬戸内海が見られたので快適でしたよ。お風呂は大浴場、露天風呂とも利用しました。小豆島温泉というきちんとした泉質の温泉です。お風呂が男女で入れ替わるので、「オリーブの湯」と「浜風の湯」の2つのタイプのお風呂が両方とも利用できました。特に夜間の満天の星の中で入る露天風呂は最高でしたね。小豆島は瀬戸内海に浮かぶ島なので、海の幸は豊富に取れますが、寒霞渓などの山もあるので山の幸も多いんですよ。どちらの食材も夕食にはふんだんに使われて大変おいしいお食事でした。このホテルの南側には引き潮のときだけに現れるエンジェルロードというのがあって、この道を使って島に歩いていくことができます。カップルには幸せになれる伝説があるそうですよ。私は写真に撮っただけでしたが、カップルで行かれる方はぜひエンジェルロードが現れたら渡ってみてください。私は翌朝、二十四の瞳映画村に観光に出かけました。こちらもノスタルジー感たっぷりで、栄華のセットが再現されていました。みなさんもぜひ訪れてみてください。小豆島での滞在には温泉にも入れるこちらの「小豆島国際ホテル」がいいと思いますよ。

小豆島ホテル情報

最新投稿